金投資

 先述のコラムで、世界情勢が不安定な時に価値が上昇する代表格の投資として金(moneyでなくgold)があることを紹介しました。世界で戦争が起こったり、世界情勢が混乱して先行きが不安定になると金価格が上昇し「有事の金」と言われています。貴金属として、美しいだけでなく携帯電話などの金触媒や金歯、はたまた投資手法としても幅広く使える金に関する投資に関して簡単に説明します。

 

 金投資のメリットから紹介します。まず初めに金は世界共通、紀元前から価値があるものであると普遍的に認められているので、紙でできている紙幣や電子マネーのようにどんな政界情勢の変動が起きても、価値が全くなくなり0になることはありません。また最近では否定されることも多いのですが、一般的に金はインフレに強く、インフレをヘッジできる投資手法と言われてきました。また、世界中で換金できると考えられており、換金性が高いと言われています。一方でデメリットとしては、これは株式や投資信託、不動産全ての投資商品と同じく価格が変動するため、高値で買って安値で売れば当然損失がでます。また株式や債券などの金融商品とは違い、は配当金や利子はありません。また国際取引されていますので為替リスクもあります。上記のメリット・デメリットをよく理解して取り組む必要があります。

 

 では具体的にどのような方法があるのでしょうか。よくテレビのCMなどで見るコツコツ投資の「純金積立」、金価格に連動した上場投資信託「金ETF」、金などの貴金属を採掘する企業への投資「投資信託」、金の延べ棒、ゴールドバーを売買する「金地金」、コレクション用の金貨ではなく投資用の金貨である「地金型金貨」、また、一つ前のコラムに記載した先物の一つである「金先物」などがあります。また、別の機会にそれぞれの詳細を紹介したいと思いますが、一般的に初心者向けの長期分散投資でリスク分散できる「純金積立」について紹介したいと思います。

 

 純金積立とは、月々1,000円から取り組める毎月一定額を少量づつ金に投資する方法で購入した金は少額ずつ欠片を手にするわけではなく、購入した金を管理会社に預けることになり、買い付け報告書や残高証明書などが発行されます。以前のコラムで紹介したように、毎月一定額を価格が上下に変動するものに投資するので「ドルコスト平均法」の恩恵を受けることができます。毎月一定額を強制的に引き去ることで、以前のコラム「なかったことに」して、寝ている間にお金が働いてくれます。デメリットは、基本的に比較的ローリターンで、コストや手数料がかかります。長期分散投資の投資先の中で、世界情勢が万一の場合に備えて一部取り組んでみるのもいいかと個人的には思います。

続く