iDECOとNISAと個人年金保険

 長期分散投資を説明している中で、iDECOとNISA(ここではつみたてNISA)が非常に話題になっていますが、非課税制度で長期投資という点では共通していますが、なんとなく両方とも難しそうで始めにくい人も多いのではないでしょうか。あと個人年金保険なども銀行や郵便局の窓口などで紹介されていて、一体どう違うのかわかりにくいと思いますのでここでは簡単に説明します。

 

 iDECOとつみたてNISAの違いはもっとも大きな違いは、iDECOは60歳まで原則引出しができません。個人型確定拠出年金が元なので、老後資産形成のための個人年金制度です。途中引出しができないため、以前のコラムで紹介した“なかったこと”にして本気で老後資産形成をしたい人にはお勧めですが、ライフプランの途中で例えば起業のために自己資金を投入したり、マイホームの一時金にしたりすることには適していません。一方つみたてNISAの場合は、途中換金はいつでもできますが、非課税枠の再利用はできません。出口の話をしましたが、入り口の部分で、つみたてNISAは所得控除の対象とならないため課税対象ですが、iDECOは所得控除の対象となるため非課税となります。iDECOとつみたてNISAの併用はできますので、超長期の老後資産形成と、中長期の資産形成を2階建てで自助努力でするのであれば双方にメリットがあります。

 

 また、その2つの制度とは別に、生命保険会社の個人年金保険がありますが、大きく分けて3つの種類があります。一つ目は円建ての個人年金保険、2つ目は変額個人年金保険、3つ目は外貨建て個人年金保険です。円建ての個人年金保険は最近利率も低く個人的にはあまり魅力を感じませんが、一定の条件を満たせば個人年金保険料控除の対象となります。また二つ目の変額個人年金保険ですが、保険料のうち積み立てに回る部分が特別勘定で運用され、国内外の株式や債券に分散投資が可能です。変額個人年金の控除は年金保険料控除ではなく、一般の生命保険料控除対象となる点が注意です。ただスイッチングやリバランスができるなど分散投資を実践できます。3つ目の外貨建て個人年金保険ですが、比較的利率の高い米ドルや豪ドルなどの外貨で運用されます。為替リスクもあるのですが、外貨で受け取ることも可能で、為替にアレルギーのない方にはお勧めです。ただどれも短期の資産形成には適していないので長期分散投資の一つとして取り組むことをお勧めします。

 

 基本的に円建ての個人年金以外に紹介した各制度は、資産価値が自己責任で変動します。この後のコラムでは、利率変動型終身保険と変額終身保険、利率変動と市場価格調整など少し高度な変動リスクのある商品の仕組みをご紹介します。

 

続く。