つみたてNISA

 「NISA(ニーサ)」というのは日本版Individual Saving Accountの略で少額投資非課税制度の愛称です。2018年1月からスタートしたまだ1年と少ししか経過していない新しい制度で、20歳以上の国内に住む人であればだれでも活用できるものです。簡単に言えば年間40万円の枠内で、最長20年にわたって、一定の条件に当てはまる投資信託を積み立ててくと、解約したときの利益が非課税になるしくみです。

 

 先述のコストとタックスで紹介しましたが、通常投資信託を開始するときには購入時手数料がかかると紹介しましたが、つみたてNISAは購入時手数料がかからないノーロードです。また、運営管理費用に関しても上限が設定されているコストの面でのメリットがあります。またタックスの面では、運用益が非課税です。通常、投資信託などは運用益に対して20%の源泉分離課税がかかります。例えば、運用益が100万円出た場合、課税口座で積み立てた場合は20万円引かれた80万円の利益となりますが、つみたてNISAの場合は非課税ですので100万円が利益となります。

 

 またドルコスト平均法のコラムで紹介しましたが、毎月定額をコツコツ運用することが少額から実現可能です。期間が20年間と長期で設定されているため、時間を味方につけることが可能です。毎年40万円の枠が確保できるため、毎月に換算すると3万3千円ほどコツコツ運用が可能です。3万3千円ずつ20年間5%の複利で計算すると、元本792万円にたいして、元利合計が約1,340万円となります。この差額に関して非課税ですので、通常の投資信託と比較しても大きなメリットがあります。源泉分離課税が課税された場合、非課税の場合と比較して約111万円の差が生まれます。

 

 また投資先として、大きく分けるとインデックスファンドとアクティブファンドに分けられます。自分自身としては先述のコラムで紹介したとおり、インデックスファンドを中心とした、毎月定額での長期分散投資を実施しているため、自分の投資スタンスにもピッタリと合っています。また、初心者の方であればインデックスファンドのうち、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券の4資産に均等分散投資できるようなバランス型のファンドもあります。また以前紹介したリバランスを自動的に行ってくれる、まさに至れり尽くせりのファンドもあります。

 

 金融庁によって厳選された、百数十種類のファンドしかないのですが、とは言え、それだけの選択肢があるため、もし、金融機関やファンド選びに自信がない方は是非FPの方に相談してみてください。きっと最適な解決方法を教えてくれると思います。

 

続く。